ネット銀行住宅ローンのメリットとデメリットは?

ネット専門銀行のメリットとデメリットは?

 

ネット銀行には裏がある?

新築のマンションを購入予定なのですが、住宅ローンを申し込む銀行で迷っています。

 

最初は、都市銀行や地方銀行に行こうと思っていたのですが、ネット銀行のほうが利息が安かったり、保証人が要らなかったりと、お得な面が多いようです。

 

本当にネット銀行で住宅ローンを組んでも、問題はないのでしょうか?

 

住宅販売会社は、ネット銀行ではなく、普通の金融機関で住宅ローンを申し込んで欲しいと、しつこく言っているのですが、何か、裏でもあるのでしょうか?

30代 自営業


 

 

ネット銀行は非常にお得です

結論から言いますと、ネット銀行で住宅ローンを組むのは、非常にお得です。

 

融資を行なっている銀行には、ソニー銀行や住信SBIネット銀行(三井住友信託銀行の代理店)などがありますが、信頼度の高さは普通の銀行と同じです。

 

もちろん、フリーランスや個人事業主の方でも申し込みができます。

 

ネット専門銀行は、店舗を持っておらず、人員も通常の金融期間より少ないため、建物などの経費や人件費も少なくて済みます。

 

書類の提出や契約書の締結は、すべて郵送かFAXで行ないます。

 

そのため、安い金利で住宅ローンを提供できますし、団体信用生命保険料が銀行負担になったり、繰上げ返済手数料も無料といった、大きなメリットがたくさんあります。

 

金融機関の窓口だと、窓口は平日の3時までしか受け付けていませんが、ネット専門銀行であれば、24時間365日、ネットから手続きができます。

 

その反面、一般の金融機関と違って窓口がないので、担当者と直接会って、アドバイスを受けたり、審査の進捗を伺うことができません。(一部の銀行では、担当者が面談してくれるサービスを提供しています)

 

また、ネット専門銀行だと、審査時間がかなりかかります。

 

わたしが聞いた話だと、審査機関は早くても1ヵ月ちょっと、長いと2ヶ月ぐらいにもなるので、物件を他の人に購入されてしまうリスクがあります。

 

多少、時間と手間が掛かっても、ローンの支払額を安く済ませたい方はネット専門銀行で、対面応対で安心しながら手続きを進めたい方は、一般の金融機関がおススメです。

 

住宅販売会社がネットバンクを嫌うのには、理由があります。

 

通常、所有権の移転などの登記や抵当権の設定は、銀行の事務所や司法書士の事務所に当事者(売主、買主、銀行など)が集まって同時に行い、融資も実行されます。

 

しかし、ネットバンクの場合は、買主の銀行口座に入金されてから、売主の口座に振込み、登記関係などの書類を作ってから法務局に行くなどといった、かなりの手間がかかります。

 

この点が、かなり時間を要するので、販売会社が普通の金融機関を勧めているものと考えられます。

管理人


自営業・経営者の方におすすめの住宅ローンとは?

サムネイル
  • 安定して継続した収入のある方
  • 申込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約が無
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 色々お得な6つの「0円」
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
矢印 申し込み


サムネイル
  • 安定かつ継続した収入のある方
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料と繰り上げ返済手数料も無料
  • 申し込みから借り入れまで来店不要
  • コンビニATMの手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 業歴2年・2年平均所得300万円以上
  • 団信生命保険の加入資格を有すること
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から何度でも
  • 自営業者の所得は経費控除後の金額
矢印 申し込み