団信生命保険の代わりに普通の生命保険は使える?

 

団信生命保険の加入について

住宅ローンを組む際には、生命保険に強制的に加入させられると聞きました。わたしは既に、別の生命保険を組んでいるのですが、この保険だけでは不十分なのでしょうか?

30代 自営業


 

 

団信生命保険は銀行を守るためのもの

ご質問者様が加入している生命保険は、加入者の方が亡くなったり、高度機能障害の状態になってしまった場合、ご家族などのその後の生活を守るために支払われる保険です。

 

これに対して、住宅ローンを申し込む時に加入する保険(団体信用生命保険)は、加入者や加入者の家族を守るためではなく、銀行を守るために支払われるものです。

 

住宅ローンの契約者が支払い期間内に死亡したり、大きなケガや病気などで継続的に収入を絶たれてしまったりした時、銀行は融資したお金の回収ができなくなります。

 

そこで、銀行が受け取り者となる生命保険に加入することを必須条件としているのです。

 

以前は、住宅ローンを組む時に、申込人が支払いできなくなった場合、代わりに残額を支払う連帯保証人を立てることが求められていましたが、今は、ほとんどの金融機関で団体信用生命保険も加入することになっています。

 

ちなみに、フラット35を申し込む際は、団体信用生命保険の加入は必須となりませんが、保険料が高くても、万一のことを考えて、この保険に加入する人がほとんどだそうです。

 

金融機関は、申込者が住宅ローンで購入した物件に担保を設定しているので、万一の時は、物件を競売にかけるなどして貸出残高を回収するのですが、物件価値が下がっている時などは、100%の回収ができなくなります。

 

そうしたリスクを避けるために、二重三重の安全策を講じているというワケなんです。

 

基本的には、申込者が死亡、高度障害で支払い能力がなくなった場合、団体信用生命保険からローンの残額が全額支払われるので、住宅を手放す心配もなくなります。

 

最近では、三大疾病保障、七大疾病保障など、生活習慣病などで就業できなくなった場合の保障がついている保険が増えてきています。

 

団体信用生命保険の保険料は、銀行のためのものであるにも関わらず、保険料はローンの支払い者本人で、住宅ローンに上乗せされているのが一般的です。

 

ここで注意したいのが、既に加入している生命保険の特約などに、団体信用生命保険のような、住宅ローンの支払い補償などが含まれていないか、ということです。

 

もし、こうしたサポートが含まれていたら、重複加入となります。

 

団体信用生命保険から銀行に保険金が支払われたら、既存の生命保険から保険料が支払われることはありません。

 

今一度、既存の生命保険の見直しをすることをおススメします。

管理人


自営業・経営者の方におすすめの住宅ローンとは?