消費税が上がる前に住宅ローンを組むべき?

 

消費税増税前に無理してでも買うべき?

住宅は消費税が増税される前に、無理してでも購入するべきでしょうか?

 

今は、収入が安定していますが、この先、さらに景気が悪化して収入が不安定になった時のことを考えると、今のうちに家を購入するのも手かと思いました。

40代 会社経営


 

 

住宅は増税前に購入するべきだと思います

わたしは質問者様と同じような考えで、増税前に住宅を購入しようと決断して、昨年、マンションを購入しました。

 

マンション購入費用は、諸費用も含めて3,300万円でした。これぐらいの金額の買い物をすると、消費税は莫大な額になります。

 

3,300万円の買い物の消費税は、なんと165万円!

 

消費税は2017年3月以降に3%も上がるので、増税後にマンションを購入すると、消費税は264万円になり、その差は264万円-165万円=99万円となり、約100万円も支出が多くなってしまいます。

 

これは、あくまでもわたしの考えですが、住宅は増税前に購入するべきだと思います。

 

1997年に消費税が上がった時、住宅を増税前に購入する人が殺到して、その反動により、不動産価格が下落してしまいました。

 

首都圏のマンション価格の平均は、4,800万円程度だったのですが、その1年後には300万円以上も下がったのです。

 

当然、今回も増税後に自分が購入したマンションの価格が下がって、「増税後にマンションを購入しておけばよかった」という結果になる可能性はありますが、日本経済を考えると、1997年と今では、かなり状況が変わっているので、これ以上の下落はないと思いました。

 

逆に、住宅ローンが今のように低金利のまま推移する可能性のほうが低く、利息がはね上がることも考えられます。

 

しかし、無理をしてまで購入すべきかとなると、それは逆に自分の首を絞めるハメになってしまうかもしれません。

 

自分の家が欲しいという理由だけで、無理なローンを組んでしまうと、必ず支払いに無理がきます。

 

毎月の住宅ローンの支払い以外にも、管理費(マンションの場合)、修繕積み立て費、固定資産税、保険料など、さまざまな大きい出費が増えます。

 

これに、教育や医療といった費用が突発的に発生すると、支払いが不可能になることが予想されます。

 

特に、自営業の場合は、体調を悪化させたりケガをしたりすると、収入面に大きな影響が出てきますので、かなり余裕のある返済プランを立てたほうが無難だと思います。

 

ちなみに、新しい消費税が適用されるのは、住宅ローンの契約時ではなく、基本的には、受け渡しの日になります。

 

しかし、2013年9月末までに契約を済ませておけば、受け渡しが増税後の日にちになっても、消費税は5%のままでよいという経過措置が予定されています。

管理人


自営業・経営者の方におすすめの住宅ローンとは?