自営業者、経営者の住宅ローン頭金の割合は?

調査
住宅購入を検討する時に、一番頭を悩ませるのが頭金の問題だと思います。

 

わたしもマンション購入時に、住宅ローンの返済がシミュレーションできるサイトで、頭金別に毎月のローン返済額を算出してみました。

 

言うまでもないことですが、頭金が多ければ多いほど、毎月の返済額は少なくなるので、なるべく多く用意したいところです。

 

しかし、いざ、住宅ローンを申し込む段階になると、手元に現金を残しておきたいという心理が働いてしまいます。

 

最近では、頭金0円でも組める住宅ローンも出ていますが、サラリーマンより信用度の低いフリーランスや自営業者は、このローンに申し込めないのが実状です。

 

わたしが購入した新築マンションは、物件価格が3,000万円で、諸費用が約300万円かかったので、合計で3,300万円かかりました。

 

当初の頭金は700万円でした。

 

この金額で、35年固定金利、ボーナス月返済額増額なしで計算してみると、毎月のローン支払額は9万強でした。

 

一般的に「頭金は購入資金の2割以上」と言われており、わたしの頭金は2割を超えています。

 

これだったら、今住んでいる家賃と変わらないので、何とか支払っていけると思ったのですが、2箇所の金融機関に行って相談したところ、いずれも頭金を100万円以上増やさないと、融資でOKはでないだろう、と言われました。

 

住宅ローンは支払えても、ランニングコストとしての管理費、修繕費、固定資産税を加えると、毎月プラス3万円以上の出費があるので、これを考慮しないといけないと指摘されました。

 

これは、どこの金融会社でも同じことのようですが、給与保障のないフリーランスや自営業者は、住宅ローンと他のローンを含めた返済率が20%以下になることが求められているようです。

 

もちろん、年齢や職業、過去の実績(年収)によって変わってきますが、わたし(30才)の場合は年収が600万円なので、返済負担率20%の金額は120万円です。

 

ここから毎月の支払額を算出すると、120万÷12ヶ月=10万円となります。

 

この金額に、さきほどの管理費などをプラスすると、ローンを組む前の出費を超えてしまいます。

 

金融機関の担当者に言われたのは、「現在の家賃から2万円ぐらい引いた額が、理想的な毎月の住宅ローンの支払額」ということでしたので、わたしは自分の両親や家内の両親にお願いして、頭金を100万円上乗せして800万円にした結果、住宅ローンの融資に通りました。

 

頭金のシミュレーションをする際は、物件の購入価格だけでなく、購入諸費用もかかることを考慮しましょう。

 

購入諸費用は物件価格の10%ぐらいかかりますので、これが抜けていると、シミュレーションに大きな誤差が出てきますので、要注意です!

自営業・経営者の方におすすめの住宅ローンとは?