住宅ローン審査で他の金融機関からの借り入れはどうなる?

講習
返済能力を解説したページにも書きましたが、金融機関は年間の返済負担率を計算して、申込者に融資をするか否か、融資額をいくらにするか、ということを決めます。

 

返済負担率とは、返済総額が年収に対してどのぐらい占めているかを表わす数値です。

 

(例) 年収500万円の人で、年間で100万円の返済額がある場合返済負担率=100万÷500万=20%この返済額には、これから組もうとしている住宅ローンの返済金はもちろんのこと、ローンの申し込み前から存在している車や教育ローン、クレジットカードの支払額などが含まれます。

 

フリーランスや個人事業主の方でしたら、ビジネスローンなどを組んでいる方もいると思いますが、この支払額も金融機関の審査に含まれてしまいます。

 

住宅ローンの審査に通るための返済負担率は、金融機関や年収帯などによっても異なりますが、一般的には20〜30%程度と言われているようです。

 

したがって、こうした借入がある方は、住宅ローンの申し込みをする前に完済してしまって、できるだけ返済負担率が低くなるように努力しましょう。

 

ローンの中でも、消費者金融からの借り入れは、すべての金融機関が嫌います。

 

消費者金融からの借入がある状態で、住宅ローンの申し込みをしたら、ほぼ100%、審査に落ちると思ってよいそうです(銀行の融資担当者談)。

 

その金額が多かろうが少なかろうが、消費者金融で借金をしている人=返済能力がない人、信用できない人、と見なされてしまうので、完済することが最優先です。

 

金融機関で行なわれる住宅ローンの審査では、現在の借入額や借入先だけでなく、過去の利用履歴もチェックされます。

 

中には、消費者金融の利用履歴があるだけで、審査でNGを出すところもあるので、住宅ローンの申し込みは、複数の金融機関で行ないましょう。

 

(このポイントは、別のページで詳しく解説します)クレジットカードに関しては、借入がなければ問題ありませんが、保有枚数が多いと、将来的にキャッシングをするかもしれないと疑う担当者もいるようです。

 

その他のローンは、返済比率に影響してくるものなので、直接的に融資がNGとなることにはつながりませんが、支払額が少ないに越したことはありません。

 

(例)・住宅ローンの返済額が年間100万円(1)年間の収入が500万円で、車のローン返済額が70万円の場合返済負担率=(100万+70万円)÷500万円=34%返済負担率が30%を超えるので、住宅ローンの融資は無理だと考えられます。

 

(2)年間の収入が500万円で、車のローン返済額が30万円の場合返済負担率=(100万+30万円)÷500万円=26%返済負担率が30%以下なので、住宅ローンの融資は可能だと考えられます。

 

ただし、フリーランスや個人事業主は、サラリーマンより審査が厳しくなっているため、さらに低い返済負担率が求められると考えられます。

 

★Point
・消費者金融やクレジットカードを利用している人は、すべて完済してから住宅ローンの融資を申し込む
・フリーランスや個人事業主の場合は、さらに返済負担率が低くなるように、他の借り入れもなるべく完済する

自営業・経営者の方におすすめの住宅ローンとは?