自営業・経営者住宅ローン研究

自営業者・会社経営者向け住宅ローンを徹底調査!

講師

個人事業主の方、会社経営者の方に適した住宅ローンとは一体どのようなものなのかをここでは徹底調査してご紹介しています。

 

自営業者の方や経営者の方は、サラリーマンと比較すると住宅ローンが借りにくいということがよく言われます。

 

所得や収入がサラリーマンより多くても、個人事業主の場合は審査に通りにくいという話もあります。

 

なぜ自営業や経営者の方は住宅ローンを借りにくいのでしょうか?

 

その理由の大きな部分を占めるのが安定性の問題です。住宅ローンは30年といった長期間にわたってお金を借り、返済し続けていくものですから、何よりも安定性が重視されます。

 

そのため、サラリーマンよりも安定性が劣るとされている個人事業主の方、経営者、フリーランスのからの場合その時点での収入が多くても審査に通らないということがあるのです。

 

今、住宅ローンは以前と比べると大きく変わってきています。条件がよく借り手にとってメリットが多い住宅ローンも登場するようになりました。

 

そんな中で自営業、経営者の方におすすめの住宅ローンも登場しています。

 

当サイトでは、住宅ローンの審査や金利、銀行の選び方、頭金、諸費用などについて調査し、わかりやすく説明しています。

自営業・経営者の方におすすめの住宅ローンとは?

サムネイル
  • 安定して継続した収入のある方
  • 申込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約が無
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 色々お得な6つの「0円」
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
矢印 申し込み


サムネイル
  • 安定かつ継続した収入のある方
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 団信保険料・全疾病保障保険料が無料
  • 保証料と繰り上げ返済手数料も無料
  • 申し込みから借り入れまで来店不要
  • コンビニATMの手数料が月5回まで無料
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


サムネイル
  • 業歴2年・2年平均所得300万円以上
  • 団信生命保険の加入資格を有すること
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から何度でも
  • 自営業者の所得は経費控除後の金額
矢印 申し込み


自営業・経営者の住宅ローン研究記事一覧

住宅ローンを組む時は、必ずと言っていいほど、団体信用生命保険(通称:団信)という生命保険に加入しなくてはなりません。住宅ローンは長期に渡って支払っていくものですが、年齢を重ねると共に、わたしたちの健康リスクは高まってゆきます。病気やケガなどによって働けなくなることもありますし、ローンの返済中に死亡してしまうケースも考えられます。金融機関はこうした状況になることに備えて、受取人を金融機関とした団体信...

返済能力を解説したページにも書きましたが、金融機関は年間の返済負担率を計算して、申込者に融資をするか否か、融資額をいくらにするか、ということを決めます。返済負担率とは、返済総額が年収に対してどのぐらい占めているかを表わす数値です。(例) 年収500万円の人で、年間で100万円の返済額がある場合返済負担率=100万÷500万=20%この返済額には、これから組もうとしている住宅ローンの返済金はもちろん...

住宅ローンの支払額に無理があると、最初は毎月の支払に問題がなくても、次第に返済が苦しくなり、最終的には住宅を手放さなくてはならないハメになったというケースが、多々、あります。そんな憂き目に遭わないために、住宅ローンを組む時は、家族のライフプランを緻密に立てておく必要があります。金融機関では重要項目としてチェックしているので、事前準備が必要です。ライフプランを立てるのに、真っ先に考えなくてはならない...

住宅ローンを組むにあたって、一番頭を悩ませるのが「金利」の問題です。金利タイプには、固定金利型、変動金利型、固定金利選択型の3種類ありますが、一概にどのタイプがいいとは断定できません。ライフプランの立て方や、ローンを組んだ後の経済状況をどう予想するかで、選択するタイプが変わってきます。わたしのように、「当初の予定より、金利の額が変わらなければいい」と、損さえしなければいいと考える方には、固定金利型...

昨年、わたしがマンションの購入を決定して、頭金やこれからの家族の計画などを基にした、シミュレーションを持って銀行に相談に行った時、窓口の担当者から計画を立て直すように言われました。その最大の理由が、「諸費用」を考慮していなかったからです。住宅を購入する際は、登記費用や司法書士費用などがかかることは知っていましたが、まさか、購入物件の10%近くも必要だということは、恥ずかしいことに初耳でした。つまり...

住宅ローンは、長年かけて支払う高額なローンです。支払の最中に、申し込み者が体調を壊してローンを払えなくなったり、事業の業績が悪化したりして、支払い能力がなくなってしまうことも考えられます。したがって、金融機関はこうしたリスクを回避するために、物的担保と人的担保の2つを設定しておきます。(物的担保)物的担保とは、財産に対して他の債権者より優先して弁済を受けられるようにするもので、住宅ローンの場合、財...

住宅購入を検討する時に、一番頭を悩ませるのが頭金の問題だと思います。わたしもマンション購入時に、住宅ローンの返済がシミュレーションできるサイトで、頭金別に毎月のローン返済額を算出してみました。言うまでもないことですが、頭金が多ければ多いほど、毎月の返済額は少なくなるので、なるべく多く用意したいところです。しかし、いざ、住宅ローンを申し込む段階になると、手元に現金を残しておきたいという心理が働いてし...

住宅ローンの申し込みは、銀行をはじめ、さまざまな金融機関で行なっており、さまざまな金利プランをアピールしています。しかし、期間限定で金利を低くしても、トータルの支払額は他行で申し込んだ時より高くなる場合も多いので、必ず、複数の金融機関の相談窓口に赴いて、比較、検討することをおススメします!下記に、金融機関ごとの特徴などをまとめてみました。・銀行審査のハードルは、都市銀行より地方銀行のほうが低い傾向...