自営業や経営者・個人事業主の住宅ローンおすすめは?

自営業・経営者におすすめの住宅ローンはどこ?

口コミイメージ

マイホーム購入してすぐにガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。

 

通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

 

その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。

 

またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。

 

ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、もしもの時にしっかり備えておきましょう。

 

自営業や経営者でも住宅ローン審査が通りやすい銀行を見つけたらその点もチェックしておいて下さいね。

 

住宅ローンの審査が通りやすいところに申し込みをすして審査通ると、必ず加入しなければいけない保証会社があります。

 

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

 

団体信用生命保険という物は、ローン契約者もしもの事があった場合、ローン残金が0円になるというもの。

 

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

 

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

 

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

 

自営業や経営者でも住宅ローン審査が通りやすい銀行は沢山ありますが、はどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。

 

その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いので計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。

 

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるためローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。

 

それでも、今は低金利といわれる時代のせいでしょうかおよそ4割の方はこちらを選択しているのだそうです!!是非、今後の金利動向をしっかり把握しながらきちんと情勢を見極めて賢く選択をする必要があるでしょう。

 

自分の家を建てるは誰でも憧れるもの。

 

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

 

家の代金を現金ですべて支払える人は少ないですそういった事は難しいの現状です。

 

ですから、一般的には審査に通りやすい等自分の条件に合う銀行の融資に頼る方が多いです。

 

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

 

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通る方も通らない方も出てきます。

 

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

 

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

 

ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。

 

マンションの購入を考えていらっしゃる方は多いですよね。

 

購入に当たり金利や条件等のほか審査に通りやすいとか繰り上げ返済できるなどの条件が整った住宅ローンを組まなくてはいけません。

 

住宅ローンは銀行のほかネット銀行や信用金庫、住宅金融専門会社などからも申し込みが出来ます。

 

住宅ローンを組む際には金利・手数料・諸費用がかかります。

 

審査結果が出るのは早くても約1週間程度後です。

 

ローン金利の決定は実行された月になります。

 

諸費用には印紙代金や手数料など色々な物が含まれ、人それぞれですが数十万円は必要。

 

自分の家がほしい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つチェックしていかないといけません。

 

一般的には3~4カ月かけて契約が完了します。

 

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫で審査を受けなければいけません。

 

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

 

審査の合否判断には約1週間前後かかります。

 

「通った」「落ちた」など、結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

 

審査が通りやすい銀行もありますが残念ながら住宅ローン審査が通らないと、お金を借りることはできません。

 

審査に通ると、本契約に移ることができます。

 

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。

 

さあその諸費用はいくらか気になりますよね?実は諸費用というのは借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。

 

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

 

長年の夢だったマイホームを目指して住宅ローンを組んだのに、残念ながら本審査で落ちたという方はいませんか。

 

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

 

もしも年収200~300万円の方は難しいかもしれません。

 

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

 

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、たとえ住宅ローン審査に通りやすい信用金庫などであったとしても、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

 

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

 

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

 

何年か後に、夢のマイホームを建てる計画をしている方は借入れ以外に、火災保険の加入を勧められるでしょう。

 

たとえ審査に通りやすい住宅ローンだったとしても、月々にかかるローンだけでも高額なのに更に、なぜまた保険料も求められるのかと思う方もいるでしょう。

 

ですが万が一、火災で家を失ってしまった場合、保険に加入しなかった場合、ローンはそのまま残りどんな理由であれ請求されてしまいます。

 

こうした負担を防ぐために、保険に加入することで融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

 

ですので、万が一に備えてしっかり申請しておく必要があります。